お役立ち情報
useful information

お役立ち情報

集患・増患に関するお役立ち情報や弊社の制作に関するお知らせなどのご紹介です。

HP活用
2019.04.17
好印象なホームページとは

人間は一目見ただけで見た物や人の印象を決めてしまいます。

これはホームページにも当てはまることであり、第一印象というものはそれほどまでにとても重要なものです。

今回は一目見ただけで好印象を与えることのできるホームページの特徴についてまとめてみました。

1) 適切で見やすいレイアウトになっている

文字だけで構成されているホームページは読むだけでも一苦労です。

そのホームページにとって最も重要な情報を選別し、写真やイラスト、アイコンなどを適切に使い、すっきりとした見やすいホームページを作りましょう。

2) 情報がすぐに見つかる

印象のいいホームページはリンク、ボタンの位置が適切であり、簡潔かつわかりやすい説明で、訪問者が知りたい情報をすぐに見つけられるサイトです。

なぜこの位置にリンクがあるのかを明確にし、コンテンツ1つ1つに意味のあるものにすることが大切です。

3) 自院の魅力を引き出す色の組み合わせができている

どの色をくうホームページ全体の雰囲気は大きく変わります。

そのため自院がどのような人をターゲットにしており、どのような雰囲気にしたいかをしっかり決めておくことが重要です。

また、色を使いすぎると視覚からの情報量が多くなってしまい印象の悪い見にくいサイトになってしまうため注意が必要です。

4) 定期的に更新されている

好印象で質の高いホームページは定期的に更新されています。

常に新しい明確な情報を提供することによって、見ている側の印象はぐんと上がります。

定期的に更新することによりアクセスされる可能性も高くなりますが、情報量のあまりないページを無理に増やすことは意味がないので気を付けましょう。

〇まとめ

見ている側に好印象を与えるには何を提供していて何のホームページなのかを明確にすることが大切です。

むやみやたらに内容を詰め込むのではなく、最も重要な情報はなにかを選別し簡潔なホームページにすることが好印象なホームページ制作に繋がるものになるでしょう。