お役立ち情報
useful information

お役立ち情報

集患・増患に関するお役立ち情報や弊社の制作に関するお知らせなどのご紹介です。

HP活用
2017.07.08
安易なサイト内ブログは危険です。

1743889.jpg

SEO業者を使った外部リンクの購入がGoogleにスパムとして摘発されるようになって以来、コンテンツSEOが盛んに言われるようになっています。

その流れで、ホームページ業者はサイト内にブログを設置して記事を書けば、更新頻度も上がり、コンテンツも増やせることになるので検索エンジン対策になるということでWordpressを使ったサイト構築を盛んに提案しているように思います。

ですが、安易なサイト内ブログは、弊社ではあまりお勧めしません。

よくある院長ブログやスタッフブログという名称で、日常のたわいもない話を綴っていくようなブログの場合、逆に検索順位を落とす結果になる可能性があります。


サイトのテーマを意識するようにしましょう。

検索エンジンは、サイトのテーマが何かをみています。

例えば、内科クリニックの場合、「クリニック」「内科」「病」などといったキーワードに関連したコンテンツが充実していると、役立つ情報のあるサイトということになります。

それなのに、全く関係のないコンテンツであるブログ記事が増えてきたら、サイトのテーマはどんどん薄まってしまいます。

そうすると、コンテンツが多く、サイトの規模は大きなサイトだけど、何を言いたいサイトなのかわからないということで、狙っているキーワードでの評価がされ難くなります。

よく院内広報で張り出されているような、季節季節の注意事項や予防、健康維持のための情報を、ホームページのコンテンツとして発信していけばいかがですか?

患者さんとのコミュニケーションツールとしても使っても良いと思います。

「昨日、患者さんからこんなことでお叱りをうけました。それに対して院内ではこのように取り組んでいこうと思います。・・・・・」

「患者さんから、こんなことで、こんな風に喜んでもらえました。皆さんの笑顔がスタッフのやりがいです。・・・・・」

などといったことをブログで入れていっても面白いのではないでしょうか。